低用量ピルの効果 | 女性の強い味方・低用量ピルで自分の身を守ろう!

低用量ピルの効果

顔が火照っている

低用量ピルが女性の体内でどういう働きをしているのか、気になりますよね。
名前は聞いたことあるけど、詳しくは知らないという女性がほとんどだと思います。
避妊効果があるというほどの薬なので、かなり効果が強いのではないかと思っているかもしれませんが、そんなことはありません。
低用量ピルは、女性ホルモンの分泌量を増やし、生理を自発的に起こさせる薬なのです。
といっても、実際に女性ホルモンを投与しているのではなく、女性ホルモンを形成している成分に似た成分を投与しているのです。
そのことで、脳が女性ホルモンの分泌が増えたと思い込み、妊娠状態になったと勘違いするので、卵胞の発達が抑制され、排卵もなくなります。
つまり、低用量ピルを服用している間は生理がこないということになるのです。
低用量ピルを一定期間服用すると、休薬期間がやってきます。その休薬期間中に生理がくるようになるのです。
それを妊娠したくない期間続けることで、受精卵が着床するのを防ぐことが出来るのです。
こういった仕組みで、避妊効果を期待することが出来るのです。
特に身体の中で劇的な変化が現れるわけではないので、そこまで不安視する必要もないでしょう。
しかし、女性ホルモンの分泌量が増えたと勘違いすることで、副作用は若干出てしまうこともあるので注意しましょう。