起こりうる副作用 | 女性の強い味方・低用量ピルで自分の身を守ろう!

起こりうる副作用

考え事をしている

低用量ピルでは、他のピルに比べると副作用が少ないことでも知られていますが、それでも可能性は0ではありません。
最も起こりうる可能性が高いものとしては、吐き気です。
妊娠している時に吐き気をもよおしてしまうのを知っていると思いますが、低用量ピルを服用するとその状態が出来てしまうのです。
生理前になんとなく気持ち悪くなったりすることってありませんか?
それは女性ホルモンが急激に増加したことによって起こる症状でもあるのです。
なので、低用量ピルを服用する際に吐き気をもよおしてしまうかもしれませんが、よくある副作用の症状なので、そこまで心配する必要はありません。
しかし、注意しなければならないのは、吐き気をもよおしたことにより、嘔吐してしまうことです。
低用量ピルを服用して3時間経っていないのであれば、有効成分が体内で分解されていない可能性があります。
3時間経っていれば問題はありませんが、3時間未満ならもう一度服用しなければならなくなります。
嘔吐するのは仕方ありませんが、きちんと補って服用するようにしましょう。

また、低用量ピルは休薬期間中に生理がくるという薬の効果を使って、生理周期を改善するのに使用している女性もいます。
女性ホルモンのバランスを正常にする働きがあるので、生理痛の緩和や経血量の減少など、生理に関する女性の悩みを解決してくれる薬でもあるのです。
これらは副作用とは異なりますが、こういった効果も期待できることを知っておくと、今後役に立つ時が来るでしょう。